創業から

  1. HOME
  2. 創業から
創業者「藤本 幸」と当時の工場の様子創業者「藤本 幸」と当時の工場の様子

創業に至るまで 昭和2年、兵庫県宍粟郡(現・宍粟市)に生まれた創業者「藤本 幸(ふじもとみゆき)」は、尋常小学校を卒業後、神戸の軍需工場で働いていたが、同16年、大東亜戦争が勃発。志願して、海軍飛行予科練生として鹿児島県第二鹿屋海軍航空隊に入隊した。その後、海軍飛行兵長となったが、同20年、終戦となり故郷の村役場に帰り就職した。
その後、同28年、幸子(さちこ)と結婚し、岡山県邑久郡(現・瀬戸内市)に居を移した。妻幸子は、邑久高等女学校を卒業後、幼稚園に勤務していたが、結婚を機に退職し、2人でこんにゃくの製造販売を始めた。

原料を吟味し、“おいしいこんにゃくを創る”ことによろこびを感じつつ、仕事に励んでいました。自分には定年がないというのが藤本幸の心からの自慢で、こんにゃくづくりの他に趣味などは持たない人生でした。
幸子も又たぐいまれな能力でこんにゃくづくりに励み、手際よく工場の運営を支えました。二人とも長靴を履いてこんにゃくづくりにいそしんでいる姿しか思い浮かびません。

こんにゃく造りに人一倍熱意を持ち、品質にこだわり抜き、一人でも多くのひとに美味しいこんにゃくを食べてほしいとの思いでこんにゃく造りに励みました。

こんにゃく造り

最初は、こんにゃくがなかなか固まらず、作っては捨て、作っては捨ての繰り返しだった。
また、やっとうまく作れてお店に買ってもらおうと頼んでも、既に他のこんにゃく屋の製品を販売していると言って相手にされないことが多かった。それでも粘り強く買ってもらえるお店を徐々に増やしてゆき、少しずつ忙しくなってきた。 当時、こんにゃくの製造はすべて手造りだったので、お正月前などは朝から夜まで休まず働いていた。冬場の水は手が切れるほど冷たく、さらにこんにゃくのアクで手にあかぎれができた。お店に配達するのも、木製のりんご箱の内側にトタンを張った入れ物にこんにゃくを一杯入れて運んだ。60Kg位はあったが、一人でダットサンに積んだり降ろしたりした。

ダットサンの前で記念撮影

ダットサンの前で記念撮影

こんにゃくの
消費拡大活動に貢献

創業者の藤本幸は岡山県蒟蒻工業協同組合会長、全こん連理事長、日本こんにゃく協会の理事、を務め、時代の流れによるこんにゃくの消費量の低下を少しでも食い止めようと奔走し、5月29日を「こんにゃくの日」に制定するなど、理事として貢献しました。
こんにゃくの消費拡大活動の一環として全国の小学校へこんにゃく芋を植えた植木鉢の配布を行なったり、こんにゃく料理の講習会を開くなど、催し物を行いました。
また、組合活動がきっかけとなり1991~1993年の2年間、岡山放送の料理番組を藤本恵子が担当をし、こんにゃくの簡単料理を紹介してきました。
こんにゃくを中心に家庭で手軽にできる料理を紹介することは、後にこんにゃくメーカーとして様々な顧客と時代に合ったメニュー提案をしていく素地となっています。

そして今

その後、こんにゃくの製造工場新築移転、
平成4年、株式会社みゆきやフジモトに社名変更し、現在に至っている。

当時のこんにゃくの型枠

当時のこんにゃくの型枠

お問い合わせ

オンラインでも弊社の商品のご案内を
させていただきます。
商品についてお知りになりたいことや疑問点、
ご相談は
お気軽にお問い合わせフォームより
ご連絡ください。

ページトップボタン