会社概要

業務用こんにゃく製造 小売用こんにゃく製造 ゆばこん 岡山 中区桑野/みゆきやフジモト 会社外観

■ 会社名/株式会社みゆきやフジモト
■ 所在地/〒702-8002
 岡山市中区桑野709-8
 TEL 086-276-1176
 FAX 086-276-4722
■ 設 立/1953年
■ 資本金/1,000万円
■ 代表者/藤本博雄(ふじもと ひろお)
■ 社員数/21名
■ 年 商/2億3千万円(平成20年度期)
■ 決算期/3月末日
■ 取引銀行/商工組合中央金庫、中国銀行、伊予銀行、百十四銀行

■ 主な取引先/(株)天満屋、(株)天満屋ストア、(株)ハピーマート、生活協同組合おかやまコープ、(株)ヤマ食、(株)三好野、(財)岡山県学校給食会、(財)岡山市学校給食会、(株)阪急阪神百貨店、(株)阪急キッチンエール他

■ 事業内容/各種こんにゃく製品・ところてん・葛きり・ゼリー等の製造販売

■ 自社製品/角蒟蒻、糸蒟蒻、玉蒟蒻、竹輪蒟蒻、刺身蒟蒻、そうめん蒟蒻、豆乳入り蒟蒻、蒟蒻ゼリー、蒟蒻ごはん、蒟蒻ポンチ、ところてん、生葛きり 他

会社沿革

■1953年 11月 創業 岡山県瀬戸内市邑久町尾張624-3に於てこんにゃく製品の製造販売を開始
■ 1963年 6月 名糖アイスクリーム特約店としてアイスクリーム販売開始
■ 1974年 3月 森永アイスクリーム特約店としてアイスクリーム販売開始
■ 1975年 3月 有限会社藤本幸商店を創設し、個人経営業務を引継ぐ
■ 1983年 2月 ところてん製造開始
■ 1984年 3月 アイスクリームの販売終了し、こんにゃく製造に専念
■ 1984年 9月 全国こんにゃく協同組合連合会主催・第2回こんにゃく製品品評会に於てさしみ蒟蒻入選
■ 1986年 3月 現在地(岡山市中区桑野 709-8)に工場新築移転
■ 1991年 4月 岡山放送局(OHK)「あいらぶ土曜日」に藤本恵子がレギュラー出演 こんにゃく料理を紹介する
■ 1992年 5月 組織の変更 有限会社藤本幸商店から株式会社みゆきやフジモトとする
■ 2003年 4月 藤本幸勲五等瑞宝章を授かる
■ 2004年 6月 代表取締役社長藤本幸が代表取締役会長に 専務取締役藤本博雄が代表取締役社長に 常務取締役藤本恵子が専務取締役にそれぞれ就任
■ 2005年 2月 阪急百貨店うめだ本店に「蒟蒻名人」ブランドでこんにゃくを販売開始
 同11月16日 ゆばこんが「岡山・わが社の技」に認定される

企業理念

弊社は、昭和28年(1953年)創業以来、良質の原料からおいしいこんにゃくを正直に作ることに徹して参りました。この伝統を守りつつ、さらに「見たことも、食べたこともないオリジナリティーのあるユニークなこんにゃく」を目指して新しいこんにゃく作りにチャレンジして参ります。
当社自慢のユニークな蒟蒻
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ

生芋を使ったこんにゃく

豆乳入り湯葉風こんにゃく

球状こんにゃく

みゆきやフジモトでは、直径約20mm以下の粒状のこんにゃくを現状で3種類ご用意いたしております。どのサイズも冷凍対応のものをご用意できますので、用途によってご指定ください。

■ ポンチ

■ パールこんにゃく

■ 白玉こんにゃく


デザートになったこんにゃく

■ こんにゃくポンチ

■ 白玉こんにゃくデザート

■ 岡山果実コンポート

■ こんにゃくもち

■ こんにゃく丸餅

■ こんにゃく大福


ヘルシーこんにゃくシリーズ

ボリュームアップ、カロリーダウン!!!

■ 蒟蒻拉麺

■ 蒟蒻塩焼そば

■ 蒟蒻つけ麺

■ そうめんこんにゃく

■ こんにゃくごはん


こんにゃくを使った国産素材お総菜

■ ゆばこん極煮

■ 生芋きんぴらこんにゃくとひじきの煮物

■ 生芋ちくわこんにゃくのピリ辛

■ 生芋こんにゃくと大豆の煮物

こんにゃくを使った料理のレシピ

当社では早い時期からこんにゃくの消費拡大の一環として蒟蒻料理をご紹介してきました。

プライバシーポリシー  サイトのご利用について  特定商取引に関する法律に基づく表記